思春期

6月に文化祭でPTAのお手伝いに行き、中学の時不登校で悩んでたお母さん達、現在不登校で悩んでいるお母さんとお話しました。
うちの娘は、相変わらず学校は楽しくないが、とりあえず今は登校している。

子供と一緒に乗り越えてきたお母さん達は、穏やかでどっしりしてる。
きっと、一皮も二皮も剥けたから?な風格。

私には思春期の子供が2人います。
2人ともそれぞれ、色んな事を抱えています。
色んな事がありました。

親として「どうして?何でうちの子が?」と思ったり…

そんな時こそ、親として自分と向き合う必要があることに気付きました。

人のせいにしたり、うちの子が普通じゃないとか、全然違う意味で自分を責めたり。
今、思うと私が悲劇のヒロインか!みたいな…

心配心配と、心配しすぎて「心配の呪い」をかけていました。
子供は親が心配していることを感じて、それは呪いのようにますます子供を追い込みます。

自分と向き合って気づいた事は、
子供が周りから外れないことが自分にとっての安心で、子供の為を思ってしていた事は親のエゴだったのです。
思い通りにコントロールしようとしていたんです。

子供に、好きな選択をさせる事にしました。
いつでも1番の味方でいる。
子供のペースと個性を大事にしていく。

そして、出来るだけたくさんアロマトリートメントをするようにしました。
「ちょっとだけ練習したいの」と誘います。

面倒くさそうにスタンバイするわりに、必要な香りでトリートメントすると、強張っていた身体が緩んでスヤスヤと寝息をたてます。
終わった後は表情も緩んで、目が生き生きとします。

植物の自然の力と、肌に触れてもらう安心感は穏やかに自律神経を整え、不安を和らげてくれます。

子供の事で悩んでいるお母さんに、まずは自分と向き合って欲しい。
親が変われば、子供も変わっていきます。
子供たちの心と身体の緊張、思春期のホルモンバランスの調整、そしてお母さんにもアロマトリートメントを受けてもらいたい。

子育てで親も成長させてもらってます。

香 kou . Holistic Aromatherapy

伊豆高原周辺の出張と伊豆高原ホテル内サロンでのアロマトリートメント

0コメント

  • 1000 / 1000